広告表示アドバイザリー委員会

【第37回広告表示アドバイザリー委員会】

■日時 平成29年1月30日(月)15:00~17:00

■場所 電気通信事業者協会

■議題
(1)第31回広告表示検討部会での検討結果の確認
対象期間:平成28年10月~12月

(2)今年度の実効速度計測の状況

(3)その他

 

===
(1)確認結果を受け、各社に対し、平成28年3月29日付で通知した。

・テレビ広告:12社96広告
5社に対し、自主基準、ガイドラインに照らして問題があると指摘。
1社に対し、自主基準、ガイドラインに照らして問題はないが、参考コメントを提示。

他については、自主基準、ガイドラインに照らして問題はないとした。

・新聞広告:5社10広告
1社に対し、自主基準、ガイドラインに照らして問題があるとまでは言えないが、表現上の配慮について指摘。

他については、自主基準、ガイドラインに照らして問題はないとした。

 

(2)今年度の実効速度計測の状況

 

大手キャリア3社の状況を共有し、3社とも公開されると見込まれる次回の委員会にて、表示の確認を行うことになった。

 

===今回の指摘事例===

 ■テレビCM

指摘事項:注釈文字が非常に小さく判読しづらい。

(自主基準ガイドライン第5条)

補足:広告の文字の大きさや濃さなどに配慮し視認性を考慮した明瞭な表示を行ってください。注釈類を記載する場合の文字の大きさにも配慮してください。

 

■テレビCM

指摘事項:注釈の文字サイズ(強調表示に対する打消し表示)が自主基準ガイドラインに満たない。

(自主基準ガイドライン第5条、第6条、別表8)

補足:強調したい表示に対する注釈(打消し表示)については特に見やすくし、注釈(打消し表示)の文字の大きさは強調表示に対し7分の1以上としてください。

 

■テレビCM

指摘事項:広告表示に対する注釈を要する内容と思われるが、注釈類の一部を省略しているにもかかわらずWebサイトや店頭などへの誘導案内表示がない。

(自主基準ガイドライン第22条)

補足:表示スペースや時間が限られる媒体で必要な説明や注釈をやむを得ず一部省略する場合は、店頭、コールセンター、自社ホームページ(WEBサイト)など詳細がわかる先への誘導を明瞭に表示してください。

 

■テレビCM

指摘事項:消費税抜き価格の表示であるにも関わらず「税抜き」や「税別」等の表示がない。

(自主基準ガイドライン第4条)

補足:価格表示を行う際に消費税抜きの金額を記載する場合は、「税抜き」等を付記することで、「現に表示する価格が税込価格であると誤認されないための措置」を行ってください。

参考:国税庁Webサイト(http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6902.htm)

 

■テレビCM

指摘事項:注釈の文字数が1行あたり横30文字を超えている。

(自主基準ガイドライン第5条、第22条、別表8)

補足:テレビCMで表示する文字(主として注釈類)は左右幅で1行につき30文字以内かつ2秒以上の露出とし、大きさや背景などにも配慮し見やすくしてください。

30文字を超える場合は、複数行に分ける、内容をまとめる、Web等へ誘導するなどの工夫をお願いします。

 

■新聞広告

指摘事項:注釈の配置や引用符(※)の付し方が分かりづらい。

(自主基準ガイドライン第5条)

補足:広告下部の注釈記載において「※」や「※1 ※2」などの引用記号を付す際には本体表示と引用記号との関係性が明確にわかるように工夫してください。

 

■新聞広告

指摘事項:注釈が本体表示から離れており、かつ文字が小さいため分かりづらい。

(自主基準ガイドライン第5条、第6条)

補足:キャッチコピー等の広告本体へ注釈を付す際はできるだけ本体表示に近接した場所に表示し、離れて表示されることによりわかりにくくならぬよう留意してください。

また、消費者にとって利益となる事実のみを強調することなく不利益となる事実についてもわかりやすく表示してください。