第1回 電気通信サービスのセット販売

   通信サービスの基礎知識


 スマートフォンなどの電気通信サービスの商品やサービスは、家電量販店やWebサイトなど多様な方法で購入することができるようになりました。初回は、商品を購入する上でセット販売についてお話しします。なぜセット販売が多いのでしょうか? これには、サービスの構造上やむを得ずセットにする場合と提供元(販売店)の事情による場合があります。【図1】


○サービスの構造上でセットにする場合(通信サービスと必要なもののセット販売)


電気通信サービスなどのICTサービスは、4つの産業階層に分かれ、複数のサービスを組合せることで、1つのサービスを提供しています。例えば、自宅でインターネットを利用するには、光回線(FTTH)の回線サービスとインターネット接続サービスの2つが必要です。このように、利用者へ1つのサービスを提供するためには、複数のサービスを積み重ねる必要があるからです。【図2】【図3】

ICTサービスの産業階層は、4階層に分かれ、それぞれの階層でサービスや商品を提供する企業が異なっていることがあります。最下段の端末(デバイス)は、スマートフォンやパソコン、ゲーム機など目に見えるハードウェアのことです。端末だけでは何もできません。2つ目の通信・ネットワークは、FTTHやCATV、4G(3.9G)、WiMAX、Wi―Fi等の情報を運ぶ通信回線になります。3つ目のプラットフォームは、あるもととあるもとをつなぐ役割を持つものをいいます。例えば、インターネットに接続してくれる事業者のインターネットプロバイダーや、スマートフォンのアプリを動かすOSなどがあります。最上層のコンテンツは、iCludなどのクラウドサービスやオンラインゲーム、映像など、利用者が利用するコンテンツになります。

○提供元(販売店)の事情による場合(通信サービスと不必要なもののセット販売)

家電量販店などで、「光回線に契約するとテレビが安い、通信契約をするとパソコンが100円になる」などの広告を見かけませんか? これは、キャンペーンなどで商品やサービスをセットにして値引きなどを行っています。
なぜ値引きができるのでしょうか?家電量販店などは、様々な商品を販売することで、サービスや商品の提供元から手数料をもらっています。この手数料を集めて、独自に値引きキャンペーンを行っているからです。

○セット販売の購入で気を付けること 
様々な事情で通信サービスはセットで販売されていることがあります。もし利用者がセットにしているサービスや商品が必要であれば安い買い物かも知れません。しかし、要らないものがあれば、少し考えてから購入することをお勧めします。



 通信業界における安全・安心に向けた取り組み等説明会のレポート


 平成24年4月17日に東海大学校友会館で、通信業界における安全・安心に向けた取組みについて説明会が開催された。主要プログラムは下記のとおり
最初に、総務省の利用者WGからの提言を受けた業界団体の取組について説明があった。広告表示は、2段階パケット定額プランに関する解説等項目の追加の こと、勧誘は、工事前の無償解約などを盛り込んだ自主基準を作成した事、責任分担は、コンテンツ事業者との意見交換等の報告である。
続いて、契約約款モデル条項の改訂では、掲示板などの特定サーバー管理者へ青少年への有害情報の取扱や連絡受付体制を義務付けた。

【説明会概要】

  ○日時: 4月17日(火)14:00~17:00
  ○会場: 東京 霞が関ビル35階校友会館
  ○対象: 通信4団体会員事業者
  ○主催: 電気通信サービス向上推進協議会
            (社)電気通信事業者協会
            (一社)テレコムサービス協会
            (社)日本インターネットプロバイダー協会
            (社)日本ケーブルテレビ連盟
            インターネット接続サービス安全・安心マーク推進協議会

  ○プログラム
      テーマ 「通信業界における安全・安心に向けた取り組み」
        1.総務省サービス利用者WGにおける提言概要と安全安心に向けた業界の取り組み概要について
        2.広告表示自主基準の改訂(用語集を含む)について 
        3.勧誘&契約解除に関する自主基準等について
        4.責任分担検討WGにおける検討状況について
        5.違法有害情報関連・契約約款モデル条項の改訂について
        6.電気通信紛争処理委員会の取り組みについて
        7.その他(児童ポルノ流通防止対策ほか)